グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  がん診療 >  院内がん登録

院内がん登録


院内がん登録とは

院内がん登録とは、当院でがんと診断・治療を行った全ての患者さんの『がん』についての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、がんの診断・治療・予後に関する情報を登録し、当院のがん治療がどのように行われているのかを明らかにする調査です。

院内がん登録の情報で、当院の患者さんの受診状況の把握やがん診療の評価をすることによって、がん診療の質の向上に役立てています。

また、全国のがん診療連携拠点病院が同じ項目を登録することで、他病院と比較することが可能となり、当院の状況や特徴がわかるようになります。

また、院内がん登録の情報は、地域がん登録に届出をするほか、国立がんセンターに情報提供することで、国のがん対策に協力しています。

当院では、「院内がん登録標準登録様式 2016年版」に準拠して登録しており、部位および組織の分類には、「国際疾病分類-腫瘍学第3.1版(ICD-O-3)」を、病期の分類には「UICC TNM悪性腫瘍の分類 第8版」を使用しています。