グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  心臓血管外科

心臓血管外科


循環器内科・IVR科と連携して最良の選択を

各診療科との連携を重視しています

当科では、循環器内科・IVR科と連携し、各医師がそれぞれの専門分野のプロフェッショナルとして意見交換をすることで、患者さん一人ひとりに応じた最良の治療を、より早く選択できることを重視し、体制を整えています。

丁寧な説明と、安心・安全な治療を心がけています

患者さんやご家族のみなさまに対しては、病気や治療について分かりやすく丁寧な説明を心がけ、お住まいの地域で安心・安全な治療を受けていただける様、チーム一丸となって診療にあたっています。治療に関して気になること、不安に感じていらっしゃることなどございましたら、どうぞご遠慮なくご相談ください。

地域の医療機関との連携強化に努めます

横浜市初の地域医療支援病院としての責務を果たすべく、当科でも横浜市南部地域の基幹病院としての役割を重視した診療を行っております。地域の開業医の先生方からの紹介を積極的に受け入れ、治療・手術を行い、お元気になった後は、再度紹介医のもとで治療を継続していただきます。通院フォロー中に何か問題が生じた場合には、直ちに当院に再紹介していただき、全力で治療にあたっています。

外来医師担当表

施設認定

外科専門医制度修練施設(指定施設)
胸部ステントグラフト実施施設
腹部ステントグラフト実施施設

スタッフ紹介

小林 由幸

役職

医長
心臓血管外科責任者

専門医資格等

日本外科学会外科専門医
日本胸部外科学会心臓血管外科専門医
身体障害者福祉法第15条指定医(心臓機能)
胸部ステントグラフト実施医
腹部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

専門分野

成人心臓血管外科

略歴

群馬大学医学部卒
前職:横浜市立大学附属市民総合医療センター助教

患者さんへのメッセージ

 2022年4月から心臓血管外科の体制が変わりました。南部病院 心臓血管外科には長い歴史がありますが、引き続き地域医療に貢献できるよう努力してまいります。心疾患については循環器内科と緊密に連携をとりながら、患者様にとって最良の治療を検討しています。冠動脈バイパス術や人工弁置換術などの手術は当院で行うことができます。大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの動脈疾患については、血管内治療に長けているIVR科と共同チームで治療にあたっています。高齢の患者様が非常に多くなっておりますので、低侵襲な血管内治療のメリットは大きいですが、一方で病変が複雑な方も多く、血管内治療では完遂できない場合もあります。手術か血管内治療か、またはそれらの組み合わせによるハイブリッド治療がいいか、チーム医療を生かして、個々の症例ごとにベストな方法を提案することを心がけています。

森 佳織

【役職】
医員
【専門】

【専門医資格等】

小島 貴弘

【役職】
医員
【専門】

【専門医資格等】
胸部ステントグラフト実施医