グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  眼科

眼科


日帰り手術が困難な症例を入院で対応

入院では白内障手術を中心とした治療を行っており、日帰り手術では対応できない難症例、全身的なリスクのある症例、全身麻酔が必要な症例に対応しています。また急性緑内障発作を生じる可能性の高い浅前房、狭隅角眼に対する白内障手術についても積極的に行っています。年間約900件の手術を行っており、現在手術待ち期間は約7-8ヶ月となっています。
矯正視力0.1以下、狭隅角眼、核硬化度3.5以上、唯一眼、成熟・過熟白内障等の症例は早期に行っています。

外来では糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性等の眼底疾患に対する蛍光眼底造影検査、硝子体内注射、レーザー治療を行ってる。また感染性角膜潰瘍、眼窩蜂巣炎、急性緑内障発作、網膜裂孔等の急性期疾患に対する治療や、霰粒腫、翼状片、眼窩脂肪ヘルニア等の外眼部疾患に対する小手術も行っています。

当科で対応できない症例については、他病院と連携して治療を行っています。

外来医師担当表

対象疾患

当院の患者さんの9割が白内障手術になります。白内障手術は1~2泊の入院手術で、外来手術は行っておりません。
小手術は麦粒腫、霰粒腫、翼状片等に対応しています。レーザー治療は網膜光凝固術、虹彩光凝固術、後発白内障手術等を行っております。また加齢黄斑変性症、糖尿病黄斑症、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体内注射治療を行っております。当院で対応できない検査や治療に対しては、大学病院等と連携して行っております。

施設認定

日本眼科学会専門医制度研修施設