グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  出産のご案内 >  外来から育児までのトータルサポート

外来から育児までのトータルサポート


外来から出産/育児まで、同一スタッフが支援します。

病棟・外来一体化

 外来から入院、退院後まで妊婦さんに安心してお過ごしいただけるよう、南部病院では外来と病棟を一体化し、同じスタッフで対応していることが大きな特徴です。出産というお母さんが一番不安になるときに、信頼できるスタッフが横にいて安心できるように、このサポート体制をとっています。些細なことと思わず、どうぞお気軽にスタッフにお声がけください。

助産師について

 済生会横浜市南部病院の産婦人科外来・病棟スタッフの多くは、助産師の資格を持っています。そのなかにはアドバンス助産師(※)等の資格を持った助産師もいます。育児をしているスタッフも多く、経験豊富な知識・技術がお母さんをサポートします。顔を合わせる機会が一番多い助産師が外来から入院、そして産後の育児までを一貫して支援すること、馴染みのあるスタッフがいることは当院最大の特徴です。私たちはお母さんと赤ちゃんに安心・安全と笑顔をお届けできるように、一番身近で全力で支えていきます。

※アドバンス助産師…
「自律して助産ケアを提供できる助産師」として、CLoCMip(助産実践能力習熟段階)レベルⅢを認証された助産師のこと。

助産師の関わり

【出産時】
正常な経過の場合助産師がメインに対応し、心配なことがあれば医師と協力して母児が安全・安心に出産となるようにサポートしています。

【産後】
産後は24時間母児同室の環境で、出産後からすぐに役に立つ技術の習得や母乳育児の支援を行います。赤ちゃんのお世話を初めてする方も多くいらっしゃるので、抱っこの方法から一緒に行っていきます。赤ちゃんがよく泣く夜間は、最低でも1時間に1回はスタッフがお部屋に伺います。ひとりで抱え込み過ぎずに、少しずつご自身のペースで育児に慣れ、退院後の生活をイメージできるように一緒に考えていきたいと思っています。

【退院後】
1ヵ月健診までの間に電話訪問や母乳外来で、困ったことはないか相談に応じています。また、1ヵ月健診終了後も、母乳のトラブルや育児相談に対応しています。

南部病院の出産の特徴

南部病院で受けられるケア