グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  重要なお知らせ >  新型コロナウイルスの院内感染発生について(第四報)

新型コロナウイルスの院内感染発生について(第四報)


令和2年8月18日

最新情報をお知らせします。

●感染確認状況
 8月18日の時点で今回、感染が発生したエリアから患者4名、職員8名(看護師7名、労務員1名)の感染が確認されました。ただし、感染の範囲が拡大していないことや感染疑いの段階で既に感染対策の整った病床に転室させるといった感染拡大防止の対策を講じていたことから感染拡大の可能性は低いと考えています。
 なお、職員1名(看護師)が発熱症状を訴えたため、抗原検査を行ったところ陽性反応が確認されました。しかし、現時点の調査段階においては、今回の院内感染との関連性は低いと考えています。

 今後、状況の変化があり次第、随時情報を公表してまいります。
 当院をご利用されている患者さん、ご家族、また関係各位の皆様にはご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
 職員一同、感染予防対策に努めてまいりますので、ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。


済生会横浜市南部病院長

関連情報