グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  重要なお知らせ >  立ち会い分娩に関するご案内 >  立ち会い分娩再開のお知らせ

立ち会い分娩再開のお知らせ


新型コロナウィルス流行に伴う感染予防にご協力いただき、ありがとうございます。

立ち会い分娩中止期間中は多くの産婦さんが、お一人で頑張って出産されていましたが、陣痛室でご家族に付き添ってもらいたかったとの意見も寄せられているため、皆さまのご要望と感染対策を検討し、この度以下の条件で、立ち会い分娩を再開します。

立ち会いの条件

①立ち会い可能な対象者
神奈川県在住のご主人のみ。お子様や他のご家族の立ち会いや、県外からの里帰りの場合は立ち会いできません。
②ご夫婦ともに当院で新型コロナウィルス検査を受けていただき、かつ陰性の確認が出来た方
産婦さんは入院時・ご主人は立ち会い開始時に実施します。検査費用は1,000円程度で、入院費用とあわせて徴収させていただきます。結果は1~2時間かかるため、結果が出なくて立ち会いに間に合わなくても検査代の返金はありません。
③健康チェックシートの記載および提出
立ち会いを希望されるご主人は、遅くとも35週から毎日下記健康チェックシートの記載をして頂き、ご主人が来院時に提出され、かつ以下が満たされていることを条件とさせていただきます。

 ・健康チェックシートの記載漏れがない、チェックシートの項目に該当する症状がない。
 ・来院時に37.5度以上の発熱や感染症症状がない。
 ・直近2週間以内の海外渡航歴がない、また大人数での会食や飲み会、密着し換気の悪い場所への立ち入りがない。
 ・直近2週間の連続した記載があること。
※少しでも感染症が疑われる場合は、立ち会いをお断りすることがあります。
※不正確な申告があった場合、立ち会いの許可が困難となり、産婦さんや赤ちゃんの隔離・治療が必要になる可能性があります。
※早めの分娩となる方も稀にいらっしゃいますので、30週頃からの健康チェックと記載をおすすめいたします。
④妊娠35週までに、立ち会い分娩の予約をされた方
予約は、「立ち会い分娩および新型コロナウィルス検査の同意書」に夫婦のサインをして提出し、ご主人の診察券作成を実施して完了です。28~30週の健診時に、立ち会い希望のある方へ同意書を配布し、手続きについて説明しますので、35週までに手続きをお願いします。36週以降申し出があっても対応出来ません。
⑤立ち会い出来る期間
 ・陣痛室で過ごす間
 ・分娩に入室後は指定の場所で待機して頂き、分娩直前から出産時の場面
 ・出産後は一時退出して頂き、産婦さんの身なりを整えてから、赤ちゃんと一緒に15分間
  (ビデオや写真撮影は、この15分面会の時間帯のみ可能です。)

※立ち会いを開始するタイミングは、しっかり陣痛がきてお産の進行がみられたタイミングで、病院の判断で連絡します。
 急速に分娩が進行し、立ち会いが叶わない場合もありますが、ご了承下さい。
※陣痛室でのサポートを優先に考えますので、分娩室のみの立ち会いは出来ません。
※分娩直前に声をかけますが、お呼びした際にいらっしゃらない場合や他の入院患者様の対応が優先される場合、
 立ち会いが出来ない事がありますのでご了承ください。
⑥分娩室で同時に出産となる方がいらした場合
分娩室の立ち会いは出来ません。なお出産後の15分の面会は出来ます。
⑦ご主人へのお願い
ご主人は常に不織布のマスクを装着し、立ち会い開始後はトイレ以外部屋の外には出ないようお願いします。また、立ち会い中は他のご家族との接触はお断りしています。検査後は院内の売店の利用はご遠慮下さい。病棟内には自販機はありますが、ご主人の食事や飲み物は持参頂き、飲食は陣痛室内でお願いします。
⑧検査結果が陽性だった場合
万が一、検査結果が陽性であった場合、ご主人は速やかに帰宅をお願いします。また、病院には陽性者を保健所へ連絡する義務があるため、保健所へ一報いたします。帰宅後は自宅待機し、保健所からの連絡をお待ちください。
⑨入院中の面会および帝王切開の立ち会いについて
入院中の面会は、立ち会いされた方でも今まで通り出来ません。また帝王切開の場合も立ち会いは出来ません。
以上の内容をよくお読み頂いた上で、ご質問は健診時又は電話での問い合わせは平日14~16時の間にお願いします。
それ以外の時間帯での対応は、診療に影響するためご遠慮下さい。
都合により立ち会い分娩が出来ない場合も、引き続きスタッフが出来る限り付き添いを行います。

皆さまのご理解・ご協力を宜しくお願い致します。
2021年9月29日 済生会横浜市南部病院 産婦人科