済生会横浜市南部病院

  • インターンシップ・見学会
  • 応募¥・資料請求・お問合せ

済生会横浜市南部病院

済生会横浜市南部病院

NURSING DEPARTMENT病棟・部門紹介

  • 3東病棟

    対応する診療科産科、婦人科、緩和医療科
    病床数46床
    看護職員数助産師38名、看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴3 東病棟は、産婦人科と一般外科、内科の混合病棟です。産婦人科外来と一体化した体制をとっており、外来から妊産婦さんや婦人科疾患の患者さんに関わり、継続的な看護の提供を行っています。新生児期から老年期、終末期まで患者さんに寄り添い、安全で安心な医療・看護の提供を心がけています。
    当院は、2014 年4月から産科拠点病院の指定を受けました。正常の妊娠・分娩管理だけではなく、合併症妊娠、異常妊娠にも対応しています。地域の医療機関と連携をとり、横浜市南部地区の基幹病院としての役割を果たしています。

    ◎母児同室・母乳育児
    24時間赤ちゃんと一緒に過ごし、欲しがった時にすぐおっぱいを吸わせられる環境にあれば、ほとんどの方に母乳育児は可能です。 私たちはできるだけ母乳育児を目指し、お母さんが楽しく自信を持って育児できるようお手伝いしていきます。

    ◎産後2週間健診
    「2週間健診」とは、助産師が退院後のお母さんと赤ちゃんの保健指導や健康診察を行う外来です。 また、同じ時期に出産されたお母さんや赤ちゃんとの情報交換や母乳育児相談の場になっています。
    メッセージ産科チーム/赤ちゃんを「生ませる」のではなく、 赤ちゃんの「生まれたい」という意思を大切にし、お母さんの「生む」力をお手伝いすることで、おひとりおひとりの思いに沿ったお産の援助を目指しています。

    婦人科チーム/婦人科疾患の手術、化学療法、放射線療法 を受けられる患者さんを中心に、女性の様々なライフステージに寄り添い、おひとりおひとりに合ったケアの提供を目指しています。
  • 3西病棟

    対応する診療科小児科
    病床数31床
    看護職員数看護師31名、認定看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴当院の小児病棟で働く看護師は、入院する子どもたちやそのご家族ができるだけつらい思いをしないで治療を受けることができ、早く元気になって家庭に戻れるように保育士と一緒に関わっています。
    また、季節ごとに「クリスマス会」や「夏まつり」 などのイベントを行っています。行事の中では入院している子どもたちが集まってゲームをしたり、歌を歌ったりして過ごし、入院の思い出が辛く悲しいものだけにならないような時間を作っています。その時に見せる子どもたちの笑顔がとても嬉しく、私たちもその笑顔から力をもらっています。
    メッセージ子どもたちは入院している間にも成長をしています。入院中もそれぞれの子どもがその子らしく成長していけるように保育士と協力し、一人ひとりに合わせた看護を行っていくことを大切にしています。
    生まれたばかりで入院する新生児から、思春期(15 歳まで)の子どもという幅広い年齢に対応していくことが必要とされる中で、これからも子どもやその家族に寄り添った看護をしていきたいと思います。
  • NICU

    対応する診療科新生児内科
    病床数6床
    看護職員数看護師13名、助産師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴現在NICUでは、在胎週数30週以上、出生体重1000g以上の早産、低出生体重児や呼吸障害などで入院している新生児の看護を行っています。
    メッセージNICUでの看護は命と向き合う大変な現場ですが、赤ちゃんから多くのことを学ばせてもらい、そして赤ちゃんからたくさんの力をもらっています。また日々の看護の中で、ご家族と共に赤ちゃんの成長を一緒に感じ喜び合えることはとても幸せで、やりがいを感じています。
  • 5東病棟

    対応する診療科外科、泌尿器科、皮膚科、緩和医療科
    病床数53床
    看護職員数看護師37名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴外科、泌尿器科、皮膚科、緩和医療科の、4科混合病棟です。展開が速い毎日ですが、「この病棟に、この病院に入院してよかった」と思っていただけるよう日々看護しています。他職種を含め、チームワークの良さが5東のセールスポイントです。
    メッセージ外科/ブレストケア(乳腺外科)に力を入れています。
    皮膚科/安心して診察・処置を受けられるスペースを確保しています。
    泌尿器科/チームワークはバッチリです!
    緩和医療科/毎週水曜に多職種で緩和カンファレンスを行っています。
  • 5西病棟

    対応する診療科外科、呼吸器外科、口腔外科、耳鼻咽喉科、リウマチ・膠原病内科
    病床数51床
    看護職員数看護師39名、認定看護師2名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴外科、呼吸器外科、口腔外科、耳鼻咽喉科、リウマチ・膠原病内科の病棟です。外科から内科まで幅広い知識を学べることが特徴です。
    メッセージ診療部、薬剤部、リハビリテーション技術部、入退院支援センターなどとの多職種連携を図り、患者さんやご家族から「この病棟に入院してよかった」と言われるような病棟を目指して、スタッフ一同日々研鑽しています。
  • 6東病棟

    対応する診療科脳外科・神経内科・整形外科・眼科・耳鼻咽喉科
    病床数51床
    看護職員数看護師41名、認定看護師2名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴6東病棟は脳外科・神経内科・整形外科・眼科・耳鼻咽喉科の5科混合病棟です。患者さん一人ひとりに、安全・誠実な看護を提供することをモットーにしています。
    メッセージ入退院がめまぐるしい病棟ですが、患者さんに、この病棟で良かったなあと思っていただけるような医療・看護をめざし、スタッフ一同協力して頑張っています。
  • 6西病棟

    対応する診療科整形外科、神経内科、脳神経外科
    病床数51床
    看護職員数看護師40名、認定看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴6西病棟は、整形外科・神経内科・脳神経外科の混合病棟です。緊急入院を含め他科も対応しています。患者さんの満足とスタッフ協働を大切にする部署をめざし、患者さんの声を大切にし、他職種を交えた情報共有や協力体制を強化しています。明るく元気なスタッフが多い、イキイキとした病棟です。
    メッセージ手術や検査などで忙しい病棟ですが、少しでも患者さんの心に寄り添った看護が提供できるよう、スタッフ一同力を合わせて日々頑張っています。
  • 7東病棟

    対応する診療科腎臓高血圧内科、消化器内科、循環器内科
    病床数51床
    看護職員数看護師39名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴腎臓高血圧内科と消化器内科、循環器内科の混合病棟です。 医師、看護職員に加えて、病棟薬剤師、セラピスト、MSW、透析室など様々なスタッフと連携をとってチーム医療を推進しています。
    メッセージ緊急で入院する患者さんが多く忙しい毎日ですが、急性期の看護から在宅復帰の支援まで幅広く患者さんをケアすることができ、やりがいのある病棟です。「看護のスーパージェネラリスト」を目指し、一丸となって頑張っています。
  • 7西病棟

    対応する診療科循環器内科、心臓血管外科、呼吸器外科、形成外科
    病床数51床
    看護職員数看護師44名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴7西病棟はチームワークがピカイチ! パワフルなスタッフが多いのが特徴です。週一回、心臓血管外科カンファレンスで医師と情報共有をしています。看護師だけでなく、医師、看護助手など多くのスタッフが力を合わせて、よりよい医療・看護の提供に努めています。
    メッセージICU・CCU からの重症な患者さんも多く、目まぐるしい毎日です。そんな中でも「入院したのがこの病棟で良かった」と思っていただけるような関わりを目標に、スタッフ一丸となり頑張っています。
  • 8東病棟

    対応する診療科消化器内科、救急・外科
    病床数46床
    看護職員数看護師39名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴消化器内科/緊急入院の患者さんや内視鏡、検査、手術の患者さんが多く入院します。入院後の食事や生活などについて共に考えます。
    救急・外科/8床の救急病床を有するため、様々な科の患者さんが入院します。急性期から当該病床への転出、早期退院へ向けて介入します。
    メッセージ南部病院の「日(ひ)出(いずる)所(スポット)」、パワースポットとして、多くの患者さん・ご家族にとっての癒しになるよう、日々精進していきたいと思います。
  • 8西病棟

    対応する診療科呼吸器内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、消化器内科
    病床数55床
    看護職員数看護師39名、専門看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴がんの患者さんが多く、化学療法や輸血、麻薬の使用などのイベントが毎日あります。糖尿病内分泌内科で入院された患者さんへの療養支援も行っています。無菌治療室を有しており専門的な治療もあるため、大変ですがやりがいがあります。
    メッセージ忙しい日々ではありますが、頼もしいスタッフがそろっており、充実した毎日を送っております。患者さんお一人おひとりに寄り添い、支える看護を実践しています。私たちと一緒に心のこもった看護に取り組んでみませんか。
  • 中央手術部

    対応する診療科
    病床数
    看護職員数42名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴中央手術部は看護師・麻酔科医師・担当科医師・臨床工学技士・放射線技師など多職種と患者情報を共有し、年間約5100件の手術を行っています。看護師は新人をはじめとし、病棟や外来経験を経て手術室にたどりつき、幅広いスキルを身に付けたジェネラリストや手術看護のスペシャリストも揃っています。清掃・ 準備などは看護助手がサポート業務にあたっており、皆で和気あいあいとした職場環境です。
    メッセージ新人看護師はパートナーと一緒に、まずは器械出しの技術から少しずつ習得していきます。外回り看護においては術前訪問を実施し、患者の個別性に応じた看護実践を行っています。新人看護師を対象とした勉強会のほか、事例検討やRCA分析によるインシデント分析、ナラティブの取り組みなど、安心・安全な手術のためにスタッフ全員で努力しています!
  • ICU・CCU

    対応する診療科
    病床数8床
    看護職員数看護師35名、助産師1名、認定看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴集中治療センターは、集中治療医師、 看護師37 名、看護補助1名、クラーク2名、ME、薬剤師で構成されています。
    メッセージ早期リハビリに力を入れており、チーム全員で一丸となって、患者さんの治療・看護に全力を尽くし努力しています。
  • 危機管理センター

    対応する診療科
    病床数
    看護職員数看護師1名、認定看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴平成26年度より、新たに危機管理センターが設置されました。感染管理室は「感染防止」を、医療安全管理室は「医療安全」をそれぞれ担当し、院内の危機管理に努めています。
    メッセージ感染管理室/感染症指導医、感染管理認定看護師、感染制御認定薬剤師、臨床検査技師、事務員が所属しています。それぞれの専門性を生かし、チームで日々感染防止に取り組んでいます。

    医療安全管理室/専従看護師、事務員のほか、医師、薬剤師、臨床工学士が兼任し、医療安全のための業務が円滑に行われるようなメンバー構成がなされています。主な業務として、医療安全に関する現場の情報収集や職員への啓発および研修等を行っています。医療に従事するすべての職員が患者さんの安全を最優先に考え、その実現を目指した行動や考え方ができるように、安全文化の醸成に努めています。
  • 看護部管理室

    対応する診療科
    病床数
    看護職員数看護部長、副看護部長4名、教育担当看護師長1名、採用担当看護師長1名、事務2名
    病棟・部署の特徴看護部管理室は、看護職員がそれぞれの力を十分発揮できるよう支援する役割があります。人財育成、看護師確保と定着、業務調整、人員配置、医療安全、感染対策、地域連携等、みんなが安心して働ける環境作りを行っています。
    メッセージ看護職員は総勢600名を超える大所帯で、病院職員の約6割を占めています。「看護部が変われば、病院も変わる」、これを合言葉に私たちは日々取り組んでいます。
    看護部長の指導のもと、私たちは皆さんを、日夜力強く、そして暖かく見守ります。相談は24時間365日、いつでも受け付けます。
  • 外来1

    対応する診療科一般外来(小児科、産婦人科を除く)、救急外来
    病床数
    看護職員数看護師67名、認定看護師2名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴外来1には、毎日約1,000 人の患者さんが来院しています。地域中核病院として、地域のみなさんが病院に通いながらも、その人らしくイキイキと生活できるように患者さんと関わっています。
    メッセージ幅広い診療科に対応しているため忙しい日も多いですが、「南部病院に来て良かった」と思っていただけるようこれからも努力をしていきます。私たちと一緒に外来で看護をしましょう!
  • 外来2

    対応する診療科
    病床数
    看護職員数看護師26名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴外来2は治療・検査部門です。内視鏡チーム、中央放射線チーム、透析チームなどタッグを組んで、日々、専門知識や新しい技術に挑戦しています。
    メッセージ他部門のスタッフと協働しながら良い緊張感を持ち、みんな楽しんで働いています!安全・安心な治療とスムーズな検査を目指して、患者さんのために一緒に看護に取り組んでくれる方をお待ちしています!
  • 看護相談室

    対応する診療科
    病床数
    看護職員数認定看護師5名、専門看護師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴看護相談室には、特定の分野の専門的な知識や技術を持った専門看護師・認定看護師が在籍しています。患者さんやご家族へ直接ケアを行ったり、スタッフのサポートをしています。
    メッセージ皮膚・排泄ケア認定看護師、がん看護専門看護師、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、認知症看護認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師が在籍しています。お気軽にご相談ください!
  • 入退院支援センター

    対応する診療科
    病床数
    看護職員数看護師12名、助産師1名(2018年4月1日現在)
    病棟・部署の特徴「入退院支援センター」は、平成30年度に新たに設置された部署で、入院支援担当と退院支援担当のスタッフが在籍しています。
    メッセージ入院支援/主な役割は、①入院前からの患者さんへの情報収集や入院生活の説明、②入院ベッドの調整の2つです。

    退院支援/看護師、医療ソーシャルワーカーが配置されています。各部署担当者が、 退院支援が必要な患者さんに対して早期から介入し、患者さんやご家族が退院後も安心して生活できるようにサポートしています。

contents