済生会横浜市南部病院

  • インターンシップ・見学会
  • 応募¥・資料請求・お問合せ

済生会横浜市南部病院

済生会横浜市南部病院

ABOUT看護部について

看護部の理念・基本方針

理念

私たちは、病院の理念と方針※に基づき、専門職として患者・家族・地域の人々に信頼される質の高い看護を提供します
※病院理念・方針はこちら

基本方針

看護部長から

看護部においては、専門職として患者・家族・地域の方々から信頼される質の高い看護を提供することを目標にしています。
当院は地域中核病院として看護師が実践する看護は、院内だけではなく、この地域社会へも広げていく役割があります。
看護師は、優しさ・丁寧・そして、急性期病院としての安全で確実な質の高い看護技術と、患者さんが在宅でその人らしい日常生活を送ることができることを見通し、ケアを 『つなぐ』ことが必要です。そのために、専門職としての自覚と誇りを持ち、患者さんに丁寧に自分の看護を実践することが出来るような教育体制を整えています。さらに、院 内認定制度によってスーパージェネラリストを目標に育てています。
私たちは、安心して当院をご利用いただけるよう、患者さんを自分の家族・友人と思い、地域の方々に自信を持って誠実な看護を提供いたします。

病院・看護部の特徴

チーム医療の推進

地域のために

済生会横浜市南部病院は1983年に横浜南部地域の地域中核病院として設立された総合病院で、地域医療支援病院として市内や地域の医療機関との病診連携を推進しています。済生会の病院は公的医療機関として、また社会福祉法人として保健・医療・福祉を連携させたサービスを提供するために様々な事業を行っています。当院においても、訪問看護ステーションと横浜市の指定管理事業である地域ケアプラザを併設しており、居宅介護支援事業、地域支援事業、デイサービス、地域交流事業などを行い地域の保健・医療・福祉の充実に努めています。看護部でも病院の中の看護業務だけではなく、市内・地域住民の皆さんのニーズに応えるために、訪問看護ステーションや港南台地域ケアプラザとの 連携を密にとっています。例えば、看護部在宅療養支援委員会が主催する退院支援・退院調整研修について、済生会南部訪問看護ステーションで実習を行っています。この研修では、南部病院で入院中に退院調整を行った患者さん宅を訪問し、そのなかで「生活者の視点で捉えた在宅療養への切れ目のない看護ケアのスキル」を学ぶことができます。また、港南台地域ケアプラザへは健康教室の講師として認定看護職を派遣し、健康に役立つ身近な情報やアドバイスを提供しています。その他にも市内や、地域の施設との交流を行い、研修やカンファレンスなどを通して互いの看護のスキルアップに努めています。

急性期病院として

DMAT

contents