理念・基本方針と権利・個人情報等

当院の理念

全職員はひとつの理念のもとに働いています。

  1. 私たちは、医療の質の向上をめざし、常に努力します。
  2. 私たちは、患者さんの人格、意志を尊重します。
  3. 私たちは、地域の要望に対応した医療・保健・福祉サービスの充実を図ります。
  4. 私たちは、互いに信頼し、感謝する心で、働きます。

当院の基本方針

開院時の基本方針を今でも受け継いでいます。

  1. 良質な地域医療、救急医療による地域への貢献
    現在の最先端の医療器具を備え、地域住民の方へ満足のいく医療をめざしています。
  2. 他の医療機関との密接な連携と、患者さん中心の医療の実践
    患者さんの治療を中心に診療所の先生方との連携を保ちます。
  3. 医療・保健・福祉サービスの総合的な提供
    病気のみならず保健・福祉サービスなどの提供により充実した 生活を援助します。
  4. 地域医療関係者および職員の相互研鑚
    地域医療関係者との講習会・勉強会を通してお互いのノウハウを分かち合っています。
    来院された患者さんに満足できる環境作りをします。

患者さんの権利

第34回世界医師会総会において「何人も差別されることなく適切な医療を受ける権利を有する」と謳われました。当院においてもより一層人権を尊重した医療を基本にしています。

良質な医療を受ける権利
どなたでも平等に医療を受けることができます。
知る権利
病状等について納得できるまで、説明を求めることができます。
自己決定の権利
自分の意志により、医療行為を選択したり、同意、拒否することが出来ます。
プライバシーが保護される権利
患者さんのプライバシーは、病院の守秘義務によって守られます。
他の医師の意見を聞く権利
他の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。

当院の個人情報保護方針

個人情報保護方針

当院は信頼の医療に向けて、患者さんに良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。「患者さんの個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えてお りその取扱いには万全の体制で取り組んでいます。

患者さんの個人情報の利用目的

1.院内での利用

  1. 患者さんに提供する医療サービス
  2. 医療保険事務
  3. 入退院等の病棟管理
  4. 会計・経理
  5. 医療事故等の報告
  6. 当該患者さんへの医療サービスの向上
  7. 院内医療実習への協力
  8. 医療の質の向上を目的とした院内症例研究
  9. その他、患者さんに係る管理運営業務

2.院外への情報提供としての利用

  1. 他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  2. 他の医療機関等からの照会への回答
  3. 患者さんの診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  4. 検体検査業務等の業務委託
  5. ご家族等への病状説明
  6. 保険事務の委託
  7. 審査支払機関へのレセプトの提供
  8. 審査支払機関または保険者からの照会への回答
  9. 事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
  10. 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
  11. その他、患者さんへの医療保険事務に関する利用

3.その他の利用

  1. 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  2. 外部監査機関への情報提供

    院内掲示事項の同意について

    1. 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を担当窓口までお申し出ください。
    2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
    3. これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

第三者への提供について

当院は、ご本人の同意がある場合や以下の場合を除いて、第三者に個人データを提供しません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合
  • 公衆衛生・児童の健全育成に必要な場合
  • 国、地方公共団体等に協力する場合

安全管理措置について

  • 当院では、患者取り違え防止など医療事故防止の観点から、特段のお申し出がない場合には、各窓口等においてご本人のお名前でお呼びすることがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 当院は個人情報の正確性を確保するとともに、安全管理体制を整備して個人データの適切な管理を行い、漏えい等の防止に努めます。又、職員の指導を適切に行うとともに、個人データを取り扱う事務を委託する際は、必要な契約を締結し、適切な監督を行います。

開示等への対応について

当院が保有する個人データについて、ご本人から請求があった場合は、法令等の規定に則り開示・訂正・利用停止に対応します。手続きについては、窓口にお問い合わせください。

苦情・相談への対応について

苦情や相談、ご意見などについては、医事課または総務課までお申し出ください。

NCD(National Clinical Database)への参加について

当院は一部の業務を外部会社に委託しており、それぞれ守秘契約を締結しています。

平成23年1月より手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て患者さんに最善の医療を提供することを目指すNCDに当院も参加しております。
これらのデータは厳重に管理されております。この事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合にはデータ登録を拒否していただくことができますので、その場合には診療の際にお申し出ください。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ありません。ご不明な点がございましたら担当医にお問い合わせください。
また、より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。
一般社団法人National Clinical Database(NCD)ホームページはこちら

診療情報の開示について

患者さんは手続きによって、診療情報の開示を請求することができます。
開示請求には、所定の手続きが必要な他、開示にかかる費用が発生します。 開示手続きから、審査に要する日数が14日程度かかります。
また、審査結果によっては、治療効果への影響が懸念されるとき等、お申し出にそえない場合が診療情報の開示を拒否、保留させていただく場合もありますことを併せてご承知ください。
なお、診療情報の開示請求については、事前にお問い合わせいただき、当院からお願いする書類等をご用意の上で来院いただきます。ご本人の確認を要することから、文書や電話での依頼はお受けいたしかねます。

担当:診療情報室

相対的無輸血について

輸血を拒否される方へ

私たちは皆様との信頼関係を第一に考え、すべての医療の実施にあたり説明と同意(インフォームド・コンセント)に努めておりますが、その中で、宗教的信念などの理由から輸血を拒否される患者さんやご家族がおられます。
私たちは、無輸血または必要最小限の輸血で治療をしております。そのため、宗教的信念などの理由から輸血を拒否される方に対しても、手術をはじめとする治療にあたって、「生命の危機」にあり医師の倫理に基づき輸血をせざるを得ないと判断した場合においては、輸血を実施する立場をとっております(いわゆる「相対的無輸血」の立場)。
私たちは、この「相対的無輸血」の立場で今後も誠意をもって治療にあたりますので、ご理解を頂きたいと考えております。

患者さんに守っていただくこと

  1. 良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする医療提供者に対し、患者さん自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供してください。
  2. すべての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため、患者さんには、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう 配慮してください。

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る