グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  来院・入院の方 >  外来受診の方 >  検査のご案内 >  骨密度測定検査

骨密度測定検査


骨密度(骨塩定量)測定検査とは?

骨密度測定装置を用いて骨粗鬆症・骨折リスクの予知・骨折後の骨量増加の経過観察等の診断を行う検査です。
検査内容は主に腰椎部・大腿骨の撮影を行い、骨密度を算出します。
検査中、痛みは全くなく微量のエックス線で行う安全な検査です。(エックス線被曝は胸部レントゲンの約50分の1です。)約10分間、仰向けに寝ていただいて撮影を行います。

代表的な骨密度(骨塩定量)測定検査

骨密度(骨塩定量)測定検査Q&A

Q. 検査の注意点は有りますか?

検査時に身長・体重の情報が必要となりますので、検査前にお伺いします。

Q. 検査時間は、どれくらいかかりますか?

検査中は仰向けの体勢で10分程度維持して頂きます。