グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  IVR科

IVR科


IVRは低侵襲な医療器具を用いる治療です

脳と心臓以外の高度なカテーテル治療を実施しております。各科と協力しながら、それぞれの患者さんにとってより良い治療を提供できるように心がけています。IVRは低侵襲な医療器具を用いる治療です。IVRは「Interventional Radiology(インターベンショナルラジオロジー)」の略で、X線やCT、超音波などで体の中を見ながら、カテーテルや針を用いて病気を治療することです。傷が小さいので、体への負担が少ないのが特徴です。心臓や脳血管、消化管といった領域ではすでに普及し、それぞれの専門の医師が治療を担当しています。しかしそれ以外の領域、特に比較的稀な病気に対するカテーテル治療に関しては、IVR科が担当いたします。

外来医師担当表

主な対象疾患と治療法

  • 大動脈瘤・大動脈解離に対するステントグラフト
  • 閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術
  • 内臓動脈瘤に対するコイル塞栓術
  • 肺動静脈奇形に対する塞栓術
  • 喀血、吐血、下血、産科出血などに対する緊急止血術

大きな手術に気が進まない方へ

大動脈などの手術は体の負担がとても大きいです。手術を受けた方の中には病気は治ったけれども自宅へ退院できていないという方もいらっしゃいます。大手術に思い悩んでいらっしゃいましたら、ご自身のかかりつけ医の先生から紹介状を書いていただき、ステントグラフト治療の可能性についてご相談ください。

かかりつけ医の詳細はこちら