グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  薬剤部 >  業務内容

業務内容


内服薬・外用薬・注射薬の調剤

内服薬には、錠剤、水剤(シロップ)、散剤(粉薬)、外用薬は軟膏剤、坐剤、貼付剤などがあり、処方箋に基づいて調剤します。注射剤は点滴(輸液)やアンプル・バイアルなどを個人・施用毎に調剤しています。調剤の際には処方せんの記載内容や投与量、投与経路、投与期間、相互作用や、配合変化、安定性を考慮し、薬剤師が二重三重のチェック(監査)をして、正確な調剤に努めています。また、当院では、自動錠剤分包機や軟膏練合機(自転・公転ミキサー)、注射薬自動調剤機などの自動調剤機を導入し、業務の効率化を図っています。

院内製剤の調製

院内製剤とは、市販されていない特殊な製剤や病院独自の製剤のことをいいます。院内製剤の安全性および有効性を確かなものとするために、複数の部会や委員会で品質や倫理について十分な検討を行い剤の内容を決めています。無菌的に調製するためのクリーンベンチや、製剤を滅菌するための高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を完備し、安全な製剤の調製に努めています。

抗がん剤の調製・レジメン管理

抗がん薬治療は、院内で決めたプロトコール(治療計画書)に準じて行われます。薬剤部では、プロトコールの管理、入院、外来で行われる点滴抗がん薬治療に用いる薬剤の調製、薬剤についての説明などを行っています。抗がん薬の取り扱いには、曝露対策のため特別な装置(安全キャビネット)や装備が必要です。安全な抗がん薬治療が行えるよう、院内全体で曝露対策に努めています。

医薬品情報(DI)活動

医薬品が適切に、かつ安全に使用されるためには、医薬品に関するさまざまな情報が必要です。薬剤師は多くの書籍やインターネット、文献などから情報を収集・整理して、医薬品情報をわかりやすく加工し、医療現場に医薬品情報を提供しています。これを医薬品情報(DI)活動といいます。外来や病棟での医薬品についての問い合わせに対応したり、近年は神奈川県内の済生会病院と連携し、活動しています。

病棟業務

各病棟に薬剤師を配置しており、医療チームの一員としてカンファレンスへ積極的に参加し、医師、看護師などの医療スタッフと治療計画を検討し、患者さんが安全で有効な治療をうけられるよう努めています。患者さんへは、使用中の薬の効果と副作用の説明、確認を行うとともに、薬ののみ忘れ、のみ間違いがないよう、退院後を見据えた服薬管理の提案を行っています。さらに、医薬品情報室とのカンファレンスや病棟担当者間カンファレンスも定期的に行い、薬剤師間の情報共有も強化しています。

医薬品の在庫管理

院内で採用されている医薬品の発注・納品など医薬品の在庫管理を行っています。また、医療用麻薬・向精神薬・毒薬・血液製剤など院内に配置された法的規制医薬品の管理状況の確認や院内に配置された医薬品の有効期限を定期的にチェックしています。近年は、手術室における薬剤師の関与が求められるようになり、薬剤師が法的規制医薬品の補充管理を毎日実施しています。

薬物治療モニタリング(TDM)

薬物の中には治療域が狭く、治療効果を得るように、また副作用がでないように安全面に配慮して治療を行う、薬物治療モニタリング(TDM)が必要なものがあります。薬剤部では、血中濃度をもとに血中濃度の推移を予測し、有効治療域に血中濃度を保つように薬物投与量、投与間隔を医師に提案しています。

持参薬業務

患者さんが入院中に持参薬(入院時に病院に持ち込まれる薬)を安全に使用できるように、薬剤師がお薬手帳やお薬説明書、薬袋などの情報をもとに持参薬確認を行っています。予定入院では入院受付後に直接患者さんと面談し、中止薬の確認や自宅での服薬状況、副作用・アレルギー歴の確認も行っています。