グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  精神科

精神科


身体面の担当科と協力した精神治療

精神科というと、敷居の高い科と思われがちですが、実際には、当院のように多様な病態の患者さんが受診する総合病院においてこそ、精神科が関わるべき病状を伴う患者さんも多数いらっしゃいます。例えば、身体の問題が原因で意識に変調をきたすこともあれば、身体的な病気が生きていく上での苦悩となるといったこともあるでしょう。あるいは、体の不調と思えたものが、実は精神的な不調の現れであったといった場合もあります。このような、こころとからだの<あわい>に現れる様々な問題に対して、精神科は、身体面の担当科と協力して治療に取り組んでまいります。

当科は、精神科病棟はなく、精神科医2名のみというコンパクトな診療体制というのもあり、身体面での治療のため入院された方を対象とした入院併診にほぼ特化した形での診療を行っております。その分、よりよい入院加療を目指したサポートを行うべく、幅広い病状への対応を心がけております。当科としての診療のほか、緩和ケアチームや入院環境適応支援チーム(認知症ケアチーム)での活動にも精神科医が参加しております。

院内併診のみに対応しています

当院精神科は、院内の他診療科を受診した患者さんの併診のみを承っております。
クリニックなどからの紹介はお断りさせていただいておりますので、ご了承ください。

外来医師担当表

対象疾患

気分が落ち込む、死にたい気持ちになる、極端に飲酒量が増えた、つじつまの合わない話をする、物忘れが急に進んだ、体の不調が続くが身体的検査をしても異常がないなど、精神疾患が疑われる病状全般に対応しております。
ただし、当院は診療体制上、興奮や暴力、その他の行動面での問題が著しい方の対応は困難となっておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

スタッフ紹介

古野 拓

役職

主任部長

専門医資格等

日本精神神経学会精神科専門医・指導医
日本精神神経学会精神保健指定医
日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医
医学博士

専門

総合病院精神医学全般

メッセージ

からだの病気の診断を受けたり、治療を続けたりすることは、それだけでも精神的なストレスになりうるでしょうし、そこから精神的不調をに至ることもしばしばです。
また、からだの病気が直接、脳の機能などに影響をおよぼし、精神的な症状が出現する、といったこともあります。
当院でからだの病気の治療中であるがメンタルのことも相談したい、といった方は、当院かかりつけ科の主治医にどうぞご相談ください。かかりつけ科を通じて、精神科の「院内併診」をご予約いただけます。

鈴木 將裕

【役職】
医員
【専門】
【専門医資格等】
日本精神神経学会精神科専門医・指導医
精神保健指定医(厚生労働省)
日本医師会認定産業医

診療実績

2018年
入院併診 505件
外来院内併診新患 90件