グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  循環器内科 >  スタッフ紹介

スタッフ紹介


猿渡 力

役職

副院長
主任部長

専門医資格等

横浜市立大学医学部臨床教授
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医・専門医
日本静脈学会評議員
日本心血管インターベンション治療学会代議員
医学博士

専門分野

循環器内科の中でも、特に急性肺塞栓症という病気を専門にしています。急性肺塞栓症はエコノミークラス症候群とも呼ばれ、静脈内でできた血の塊(血栓)が血流に乗って肺に達し、肺動脈が詰まってしまう病気で、突然死してしまうこともあります。急性肺塞栓症になった患者さんは、心肺停止で搬送されてきたり、目の前で心肺停止になってしまったりすることもありますが、迅速に心臓マッサージやPCPSという心肺補助装置などを用いて治療を行うことで、救命できる場合があります。同じように血管が詰まる病気である心筋梗塞や脳梗塞では、救命することができても後遺症や機能低下が残ってしまうことが少なからずありますが、急性肺塞栓症はその場の危機さえ乗り切ることが出来れば、多くの場合後遺症や機能低下は残りませんので、治療がうまくいったときには本当にやりがいを感じます。

患者さんへのメッセージ

心臓の病気は、胸の辺りの違和感などだけでなく、胃や肩、歯などの痛みを訴えられて受診された患者さんにおいても見つかることがあります。また、心臓の異常として起きる症状は10~30分程度の発作性であることが多く、長時間持続することは稀なため、自然に軽快して症状がすっきり良くなってしまうのはむしろ危険なサインです。
胃や肩、歯が痛い等の心臓以外の症状でも、症状が発作的に起き、短期間で治り、それ以降全く症状がなくなる場合、その症状は心臓から来ている可能性がありますし、数ある病気の中でも、見落としてしまった時に特に弊害が大きいのは心臓に関する病気です。
少しでも不安がある場合には、一度循環器科を受診されてみることをおすすめします。

仲地 達哉

【役職】
部長
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
医学博士

羽柴 克孝

【役職】
副部長
【専門】
心筋梗塞
狭心症
蘇生
【専門医資格等】
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本救急医学救急科専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

泊 咲江

【役職】
医長
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】
日本内科学会認定内科医・専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

福島 裕介

【役職】
医長
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

小林 弘典

【役職】
医員
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】
日本内科学会認定内科医

圓谷 紘乃

【役職】
医員
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】
日本内科学会認定内科医

石井 怜

【役職】
医員
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】

山田 優

【役職】
医員
【専門】
心臓病一般
【専門医資格等】