グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  歯科口腔外科 >  親知らずの抜歯

親知らずの抜歯



当院の取り組み

歯科口腔外科では一人ひとり患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、患者さんへのお気持ちに寄り添いながら抜歯のスケジュールを組んでいきます。
そこでご来院される皆さんにお願いです!!
診察時、痛みへの恐怖心があるや歯科に苦手意識があるなど、ざっくばらんでも構いません!現在のお悩みを医師へお伝えください。

血液をサラサラにする薬(抗血栓薬)を服用中の抜歯について

特別な理由がない限り、服用を中止せず、静脈内鎮静法を用いた抜歯を実施しております。(※多数歯抜歯も対応可)
ただし、かかりつけ医の先生と連携をとらせていただき、服用継続のまま抜歯するか決めることになります。

静脈内鎮静法による痛みを抑えた抜歯を実施しております

抜歯の治療に対して、痛みへの恐怖心が強くなり、治療に踏み切れず、不自由な思いをされている患者さんも少なくありません。
そのため、当院では静脈内鎮静法を用いた抜歯を行っています。
また、患者さんへの身体の負担を軽減する目的で、保険適応による一泊二日入院による抜歯も好評です。

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)とは?

点滴により麻酔薬を腕の静脈に投与し麻酔を行う方法です。
静脈内鎮静法を行っている状態では、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っているような状態で治療を行います。
治療に伴う不快な痛みや振動・音などがほぼ気にならず、快適に抜歯を受けることができます。

南部病院の抜歯手術について

納得のいく手術を受けていただけるよう、院内や地域医療機関の先生方との連携を積極的にし、適切で安全な抜歯手術をするよう努めております。
手術中は患者さんの状態の変化に対応するため生体モニターを使用し、常に看護師がモニターをチェックし安全で安心な手術を行っています。
また、当院は総合病院ですので、手術中に何かあった場合でも、救急医と連携し迅速に対応いたします。

抜歯までのスケジュール(例)