グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科


糖尿病=生活習慣病ではありません。遺伝的な体質(家系)や他に患っている病気、それらのために使っている薬の影響など、さまざまな要因が複雑に関わっています。私たちは病気の成り立ちがそれぞれの患者さんで異なることを真摯に受け止め、一人ひとりに何が最善の治療なのかを、患者さんと共に考えていく姿勢でありたいと思います。

糖尿病で引き起こる合併症を防ぐために

糖尿病の薬物治療は日進月歩です。私たちは古くてよいものを大事にしながら、必要な先進的治療も届けられるよう導入していきます。2015年度には24時間連続血糖測定器(CGM)、インスリンポンプ療法(CSII)、更にこの2つが連動したSAP(Sensor Augmented Pump)療法を導入しました。これにより低血糖が少なく、より質の高い糖尿管理を行なえるようになりました。

糖尿病に関連して起こるさまざまな合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化、悪性腫瘍など)の検査と治療も行っています。2014年には口腔外科と連携して、入院患者さんの歯周病チェックと口腔ケアを始めました。

また、看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・地域連携事務局とも連携して糖尿病教室を毎月開催しています。そのほか、糖尿病患者会や関連イベント(ウォークラリー、茶話会 etc)を行っています。

血糖コントロールなどが安定された患者さんは、かかりつけクリニックへのご紹介をしています。私たちは普段からface to faceでも信頼しあえるクリニックの先生方との連携を密にしています。

内分泌内科については、バセドウ病や橋本病などの甲状腺疾患は外来が中心になります。下垂体や副腎疾患は入院精査が必要になることがあります。

外来医師担当表