グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  整形外科 >  対象疾患

対象疾患


整形外科


【脊椎】
頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症、脊椎脊髄腫瘍、腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症、化膿性脊椎炎、脊椎圧迫骨折、骨粗鬆症、脊柱変形
【関節】
変形性股関節症、特発性大腿骨頭壊死、リウマチ性股関節症、大腿骨頚部骨折、変形性膝関節症
【スポーツ外傷】
反復性肩関節脱臼、外傷性肩関節脱臼、肩腱板損傷、膝前十字靭帯損傷、膝半月板損傷、膝蓋骨脱臼、離断性骨軟骨炎、疲労骨折
【一般外傷】
外傷(擦過傷・切創・咬傷・挫傷、挫創など)、異物刺入、捻挫、打撲、骨折

脊椎

頸椎症性脊髄症や腰部脊柱管狭窄症のために、神経の圧迫を取る手術については、周囲の筋肉へのダメージを最低限とした、できるだけ侵襲の少ない手術を行っています。しかし、脊椎の不安定性が強い患者には、必要な部分をスクリューで固定する手術を行っています。できるだけ安全に正確に手術を行うことを心がけています。側弯症は、若者でも高齢者でも長範囲の固定術が必要になります。手術侵襲を考慮して、手術を2回に分けたり、脊髄モニタリングを手術中に行うことで、できるだけ安全に手術を行っています。

腰痛・脊椎の治療の詳細はこちら

股関節

変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症などが原因で、関節軟骨が傷んで股関節が変形すると、痛みが出現します。進行すると、歩行など日常生活の基本動作や仕事など社会活動に支障をきたします。薬やリハビリなどの保存療法でも改善されない場合は人工股関節置換術を行っています。大腿骨頚部・転子部骨折に対しては早期手術、早期リハビリに努めています。

膝関節

変形性膝関節症、関節リウマチ、大腿骨内顆骨壊死症などが原因で、関節軟骨が傷んで膝関節が変形すると、痛みが出現します。薬やリハビリなどの保存療法でも改善されない場合、人工膝関節置換術を行っています。前十字靭帯断裂や半月板損傷に対しては、関節鏡視下手術を行っています。

スポーツ外傷

スポーツ中に発症した骨折、腱断裂、半月板損傷、靭帯損傷について、早期競技復帰を目指して治療方針を決定します。必要に応じて手術やリハビリを行い、スポーツへの復帰をサポートします。

一般外傷

若者が受傷する高エネルギー外傷や、高齢者の転倒などによる骨脆弱性に起因する骨折など、年齢、外傷の部位に関わらず対応します。受傷した患者さんに最適な治療方針を検討し、できるだけ早期に手術を行います。ある一定期間のリハビリが必要な患者さんについては、近隣の病院と連携して、リハビリが継続できるように多職種でサポートを行っています。

主な入院診療のご案内

疾患名 入院日数 治療内容
頚椎症性脊髄症 7~12日 病態に応じて、脊髄の除圧術、除圧固定術を行っていきます。軟部組織へのダメージをできるだけ少なくするように工夫しています。
腰部脊柱管狭窄症 7~12日 年齢、脊椎の変形、不安定性を考慮して、治療内容を決定します。体への侵襲はなるべく少なくしますが、変形の強い高齢者は、痛みの軽減を目的として、長範囲固定を選択することもあります。患者さんの思い、希望に配慮して方針を決定します。
変性側弯症 14~21日 腰痛や姿勢異常のために日常生活が困難な患者さんで、積極的な治療の希望があれば、手術治療を行います。多くの症例で長範囲固定となるため、侵襲を減らすために、2回に手術を分けることが多いです。
腰椎椎間板ヘルニア 5~7日 できるだけ手術を避けるように保存治療を行っていますが、神経根ブロックでも治療効果がないヘルニアは、患者の希望に応じて積極的に手術を行います。顕微鏡や、場合によって内視鏡も使用して、低侵襲で安全な手術を心がけます。
変形性股関節症 10~14日 最小侵襲前方進入法(AMIS)による人工股関節置換術を行っています。筋肉を一切切離しないだけでなく、周囲軟部組織も可能な限り温存する特殊な進入法で、他の進入法よりも術後の痛みが少なく、早期回復が期待できます。
変形性膝関節症 10~14日 個々の患者さんの骨の形状に合わせて3Dプリンターでオーダーメイドの骨切りガイドを作製し、人工膝関節置換術を行っています。従来の方法と比べて、より正確な位置に人工関節を設置することができ、侵襲が少ない手術方法です。
大腿骨頚部骨折 10~14日 受傷後できるだけ早期に骨接合術や人工骨頭置換術を行っています。術後は原則として荷重制限はせず、早期から立位・歩行訓練を開始しています。