グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  整形外科 >  対象疾患

対象疾患


整形外科


脊椎

腰部脊柱管狭窄症や頚椎症性脊髄症などの神経の除圧が必要な病態に対しては、手術用顕微鏡を用いた高精度かつ低侵襲な椎弓形成術を行っています。神経に対して安全性が高く、背筋を痛めないために術中出血量や術後の痛みが少なく、ほとんどの患者さんが翌日から歩行訓練を開始することが可能です。腰椎すべり症をはじめ不安定性のある脊椎疾患に対しては、低侵襲脊椎安定術(MISt: Minimally Invasive Spine Stabilization、ミスト)の手技を活用した低侵襲椎体間固定術(MIS-TLIF)や側方進入椎体間固定術(LLIF)+経皮的椎弓根スクリュー固定などの、背筋へのダメージが少ない固定術を行っています。重度の脊柱変形による姿勢バランス異常、いわゆる腰曲がりに対しても、LLIFなどの低侵襲な手技を応用した高度な後方矯正固定術を行っています。最新の脊髄モニタリング(手術中に神経の機能をリアルタイムで確認する装置)により安全面に配慮しながら、可能な限り低侵襲な手法を駆使して行う手術が当院における脊椎手術の特徴です。

腰痛・脊椎の治療の詳細はこちら

股関節

股関節手術で多いものは人工股関節置換術ですが、症状に応じて骨切り術を行っています。
人工股関節置換術はほとんどがMIS(小さな切開など体に出来るだけ影響を与えない方法)で行い、基本的には術後約2週間で退院としています。
(人工関節センター)大腿骨頸部骨折は周辺病院とで連携パスを行っています。
また、小児の股関節疾患(先天性股関節脱臼、ペルテス病)なども治療しています。

人工関節センターのページはこちら

膝関節

主に変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術、前十字靭帯損傷や半月板損傷に対する鏡視下手術をしています。人工膝関節手術では体の負担が少なく、膝を支える大腿四頭筋の筋力を温存したMIS(最小侵襲手術)でほとんどの手術を行うため、術後の痛みも少なく、早期リハビリ・早期退院が可能になっています。詳細は人工関節センター、人工膝関節置換のページをご覧ください。

人工関節センターのページはこちら

手の外科

上肢・手指の骨折・脱臼・靱帯損傷・腱損傷や神経損傷などの外傷、腱鞘炎などの炎症性疾患、手根管症候群や肘部管症候群などの末梢神経障害に対する手術が多い。また、最近は骨折後の変形治癒に対する矯正手術や、慢性関節リウマチに対する上肢機能再建術(人工関節置換術を含む)なども積極的に行っています。慢性関節リウマチに対しては生物学的製剤を用いた治療も行っています。

足の外科

外反母趾は中足骨を骨切りしてプレート固定したり、小皮切で骨を矯正し固定するDLMO法を行っています。また、外傷では解剖学的整復を得るために、積極的に手術的治療を選択しています。そのほかにもスポーツ障害(外側靭帯損傷、三角骨症候群など)、足ゆびや足首の変形性関節症、リウマチ足、足底腱膜炎(踵の痛み)など、全般的な足の疾患の治療にあたっています。

腫瘍・骨転移外来

四肢や体幹部に発生した骨腫瘍・軟部腫瘍を診療しています。多くは良性ですが、悪性(肉腫)の場合は専門的な治療が必要です。肉腫の手術は広範切除と言って病巣部を健常部で包んで切除しなければなりませんし、骨肉腫・ユーイング肉腫などでは化学療法も必要になってきます。また症例によっては放射線治療も行います。一方、近年のがん治療の進歩によりがん細胞が骨に転移した後も長く生存される方もいらっしゃいます。従って、病的骨折を防ぐ治療や不幸にして病的骨折してしまった方の治療にも様々な工夫が必要になってきます。また骨転移がきっかけで、がんが見つかることも少なくありません。そのようなときは、治療と診断を並行して行いながら迅速な対応を心がけております。単純レントゲン写真にて異常がある場合速やかにご紹介ください。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨がもろくなり、ちょっとしたことで骨折を起こすようになりついには骨がぼろぼろとなる病気です。年齢とともに骨がもろくなるため超高齢化を背景に、わが国の骨粗鬆症患者数は増加しています。そういう骨粗鬆症を防ぎまた治療するため当院では骨粗鬆症専門外来を設置しています。