グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  診療科・部門 >  顎変形症・矯正センター

顎変形症・矯正センター


済生会横浜市南部病院は、歯科口腔外科主任部長青木紀昭をセンター長として、顎変形症・矯正センターを設置しています。サージェリーファーストという最新の治療方針も取り入れながら、患者さん一人一人とのコミュニケーションを重要視した治療を行っています。

顎変形症について

上下の顎が前に伸びすぎている、顎が小さい、といった理由で上下の歯の噛み合わせが大きくずれている。
上下の顎の変形がもとで顔がゆがんでいるように見える。

このような症状がある場合は「顎変形症」と呼ばれる病気である可能性があります。
上下の顎のバランスが良くないと、うまく咬めない、言葉がわかりづらいといったさまざまな障害がでてきます。また、容貌にも影響することがあります。

顎変形症の症状

  • 顎が出ている、曲がっている、ひっこんでいる、形が気になる
  • 受け口の程度が大きい
  • 出っ歯の程度が極端に大きい
  • うまくものが咬めない、奥歯しかあたらない、どこでかんでいいかわからない
  • 発音しにくい音がある
  • くちびるが自然に閉じられない
  • 顎がカクッとなる など

顎変形症の治療法

顎変形症の治療には、保険が適応されます。

矯正治療

顎の変形が比較的軽い場合は、歯の矯正治療で対処します。しかし、矯正治療だけでは良好な噛み合わせ、容貌を得ることが難しい場合には、矯正治療と顎矯正治療を組み合わせた「外科的矯正治療」が行われます。

上下どちらか、あるいは両方の顎(顎骨)の大きさ、形、位置などの異常で顔面の変形や噛み合わせの異常を起こしている方が対象になります。主な症状として、口を閉じたときの歯並びに、でこぼこやすき間ができる。奥歯の噛み合わせがずれている。正面の写真を見ると、顔や噛み合わせが曲がっているのが分かります。
三日月形の横顔、口元が突き出た印象になるという特徴があります。

矯正治療例

外科的治療

外科的矯正治療は、口腔外科、矯正歯科の担当医師が治療方針を検討するチームアプローチによって行われます。患者ご本人の気になるところ、治したいところをお聞かせいただき、担当医師が示す治療方針を十分に納得していただいてから治療を始めます。

外科手術・プレート固定
顎の骨を分割することによって、骨格そのものを動かします。矯正手術だけでは困難な場合に、分割した顎の骨をプレートで固定する処置を行います。

外科的治療

顎変形症の治療の流れ

顎変形症の治療は、3~4年にわたる長期的な治療となります。

臨床診断

ご家族の方と噛みあわせを確認する診察を行います。。顎の骨の状態を見るX線撮影、歯並びなどを見る写真撮影、歯形模型作成などを行います。

治療計画

診察の話し合い、術前検査の結果などをもとに、担当医師が治療方法を検討します。患者さんへの治療法の提示を行い、治療内容、合併症を十分に説明します。患者さんが十分に理解された上で治療法を選択します。

術前矯正治療

手術によって顎の位置を移動させ、良好な歯並びを治療します。
一般的な矯正歯科医院で行う「歯列矯正」と呼ばれているものです。親しらずは手術の障害になるため、手術前に抜歯します。

肥満は手術のリスクが高くなりますので、体重を減らしてもらう場合があります。

顎矯正手術

術前矯正治療が終了した時点で、手術を行います。全身麻酔を行って顎の骨を切り、顎の骨を正しい位置に固定するなどの外科的な手術となります。
入院の流れに関しては、クリニカルパスをご覧ください。

術後矯正手術

正しい位置に固定するために、矯正によって微調整を行っていきます。

手術後

手術後しばらくは顎の骨が不安定なために注意深く経過を見守ります。そのため、手術前に行う歯列矯正のときよりも通院の回数が増えることがあります。手術後は、顔の腫れがなくなるまでに時間がかかります。手術した骨がもとの強度を取り戻すまでに、最低でも1年はかかります。この間は歯列矯正治療を続けることになります。

サージェリー・ファースト法(自費診療)

サージェリー・ファースト(Surgery First)法は、新しい治療法です。術前矯正を省略して治療期間を短縮するなど、従来法の欠点を減らし、治療中の患者さんのQOL/生活での支障度低下を最小限にした外科的矯正です。

従来法の欠点

  1. 矯正期間が長い
  2. 1-3年の術前矯正治療期間は噛みにくく、あごも出てしまう

サージェリー・ファースト法の流れ

治療は以下の様なステップで行います。

手術準備(手術の約1ヵ月前)
術前矯正は行いませんが、現在のところ手術後の顎の位置を安定させるための補助として、マルチブラケット装置の装着が必要です。手術の1ヵ月前に同装置と手術用のアーチワイヤーを装着します。

入院・手術(3〜4日間)全身麻酔
従来法と基本的に変わりはありません。ただし、術前矯正を行っていないため、顎の位置や噛み合わせが不安定になることから、スプリント(マウスピース)の装着が必要になります。また、手術時に術後矯正に必要なミニプレート(SAS)が上・下顎骨に取り付けられます。抜歯も手術の時に行います。

術後矯正(6ヵ月〜1.5年)
顎矯正手術によって骨格の不調和は改善された状態になっていますが、噛み合わせや歯並びは治っていないためマルチブラケット装置による矯正治療が必要になります。術後矯正の期間は、比較的歯並びが整っている患者さんの場合は6〜9ヵ月ですが、一般的には1〜1.5年ほど要します。

保定・メインテナンス(3年〜)
従来法に準じて行います。

費用(税別)

入院・手術:120~140万円 済生会横浜市南部病院にて施行
矯正治療 :95万円および処置料 毎回 約5,000円 磯子駅前の友生歯科医院にて施行。青木が矯正治療も担当いたします。
※友生歯科医院:ホームページ

治療経過例

従来法
あごのずれはそのままで矯正治療を行い、その後手術を行うため手術前は見た目やあごの形、咬みあわせが治療開始前の状態よりも悪くなってしまいます。口が閉じられなくなることもあります。

サージェリー・ファースト法
すぐにあごのずれを治すため見た目が良くなるのも早く、治療期間も短いのが特徴です。


顎変形症・矯正センター長/青木 紀昭

青木 紀昭

専門分野
口腔外科全般、矯正・顎変形症、インプラント

経歴
1994年 済生会横浜市南部病院歯科口腔外科部長
2010年 済生会横浜市南部病院 顎変形症・矯正センター・センター長
  • 医学博士
  • 日本口腔外科学会専門医・指導医
  • 国際口腔外科専門医
  • 顎顔面インプラント学会指導医
  • オーラルケア学会認定医
  • 日本矯正学会会員
  • 口腔がん暫間教育医
  • 臨床研修プログラム指導医
  • アレキサンダー矯正研究会トリプルA取得認定医

横浜市立大学口腔外科学講座在籍の時より顎変形症、矯正を専門とした治療を20年以上行っており、平成6年(1994年)から済生会横浜市南部病院口腔外科部長として勤務しています。
顎変形症の患者さんが多く集まり、治療実績を積み重ねています。
ここ数年では、九州、東北などの遠方からの患者さんも来院され、他院と比較しても多くの症例数と治療実績を誇っています。
また、国内学会、国際学会などに参加し、最新の治療法などを勉強しています。
医療現場では、より専門的な治療を患者さんから求められるようになりました。こうした現状に応えるために顎変形症・矯正センターを2010年に設立しました。
患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。
顎変形症は治療できるものです。一緒にコツコツ治していきましょう!

青木医師を知る

顎変形症手術実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
35 34 40 36
*外来での顎変形症患者数:85~100件/月

お問い合わせ

電話によるお問い合わせ

電話:045-832-1111(内線:302)顎変形症・矯正センター
受付時間:火・水・金曜日 14時00分~16時00分

メールでのお問い合わせ

E-mail:aokinoriaki19890920@yahoo.co.jp
※ご回答に多少のお時間をいただきます。またお答えできない内容もございますし、ホームページ上に記載されている内容に対しては、お答えを控えさせて頂きます。