小児科・新生児内科

診療の特長・特色

田中文子医師

 横浜市南部医療圏の地域基幹病院として、近隣の小児クリニックと連携をとりながら診療しています。特に外来では、明らかな外傷を除く小児期のすべての病気の診療窓口として、子どもたちを診させていただきます。
子どもたちの健康を守り、健やかな成長・発達のお手伝いをいたします。
 1.横浜市小児救急拠点病院として、24時間365日の小児救急医療(二次救急)を担っています。深夜帯(24時~9時)は一次救急患者も受け入れています。ただ、小児では病気の進行が速く、また軽い症状に見えても重症であることもあります。ご家族が「何かいつもと違う」と不安に感じた時には、お問い合わせください。
 2.地域基幹病院として、近隣の小児クリニックからご紹介いただいた子どもたちの診療を行います。治療によって症状が軽快したり治癒した後に、紹介元のクリニックへ逆紹介を原則としていますが、専門的な治療やケアが必要な場合には、当科専門外来で診療を継続します。
 入院治療は、小児病棟(一般病床26床、うち3床は無菌室)、NICU(6床)で行います。
スタッフは小児科専門医、後期研修医(小児科専攻医)から成り、卒後初期研修医も一緒に診療にあたります。また、専門領域の資格をもつ専門医がいます(スタッフ紹介に示します)。
小児救急看護認定看護師、小児アレルギーエデュケーターも配属しています。
平日日中は保育士が常駐し、子どもたちの生活のサポートをしています。
入院の際にお母さんの付き添いのご希望がある場合には、ベッド状況にもよりますができる限りご希望に対応いたします。

受診時の留意点

【一般外来】
小児科では初診時の紹介状は必ずしも必要ではありませんが、お持ちで無い場合は自己負担の保険外療養費が別途かかります。一般外来の受付は午前9時から11時30分(初診は11時)までで、午後は予約外来となります。午後の急患受診はお電話にてお問い合わせ下さい。

【救急外来診療】
当科は横浜市小児救急拠点病院のひとつとして、24時間365日の二次救急診療に対応しています。平日午前中は小児科外来に直接いらしていただいて構いませんが、前述の通り紹介状をお持ちで無い場合は保険外療養費が発生します。平日午後の救急受診については電話にてご相談ください。
救急外来では、14名の常勤小児科医と7名の地域連携登録医(近隣の開業医)の協力体制で診療にあたっています。
夜間、休日にお子さんの具合が悪くなった場合は、まず桜木町、南西部、北部の各夜間急病センターか、各区の休日診療所を受診して頂きますが、これらの診療所が閉まっている時間帯や時間帯を問わず受診を急ぐべきか悩まれるときには、お電話でお問い合わせください。随時診察いたします。
けいれんや意識障害、呼吸困難など、緊急を要すると思われる場合は救急車をよんでください。救急車は24時間受け入れています。

【乳幼児健診・予防接種】
乳幼児健診は、生後2週間および1ヵ月健診は院内出生のお子さんが対象ですが、それ以外の健診は随時ご相談に応じています。小児科外来までお問い合わせ下さい。
予防接種は、BCG、四種混合(クワトロバック)、二種混合(DTワクチン)、麻疹・風疹(MRワクチン)、日本脳炎(ジェービックⅤ)、水痘、おたふくかぜ、B型肝炎(ヘプタバックス-Ⅱ)、インフルエンザ、インフルエンザ菌b型(アクトヒブ)、肺炎球菌(プレベナー13)、子宮頸がん(サーバリックス)、ロタウイルス(ロタテック)、RSウイルス(シナジス)を行っています。いずれも小児科外来までお問い合わせください。

施設認定

  • 日本小児科学会小児科専門医研修施設
  • 日本血液学会認定血液専門医研修施設
  • 日本アレルギー学会認定教育施設

外来担当

 
午前 田中 文子 鈴木 徹臣 田中 文子 立石 格 鈴木 徹臣
山口 和子 太田 陽 冨樫 勇人 中澤 枝里子 山口 和子
永嶋 早織 山下 舞子 大砂 光正   髙尾 知穂
杉山 弘樹 神経外来
―第2・4―
大津 真優
―第3―
藤原 祐
    齋藤 千穂
(アレルギー)
午後
(予約制)
専門
外来
1ヵ月健診 予防注射 乳児健診 1ヵ月健診  
   

腎臓外来
町田 碧

神経外来
―第1・3・5―
藤原 祐

循環器
    シナジス
―第1・3―
腎臓・夜尿外来
―第2―
住田 裕子
 
田中 文子   田中 文子   立石 格
(発達)
山口 和子 太田 陽 冨樫 勇人 中澤 枝里子 髙尾 知穂
杉山 弘樹 山下 舞子 大砂 光正   永嶋 早織
齋藤 千穂
(アレルギー)
鈴木 徹臣     山口 和子
(循環器)

初診受付時間は、8:30~11:00となっております
再診受付時間は、8:30~11:30となっております

※土曜日は、第1・第3初診のみ交代制となります

部門紹介

立石 格医師

南部病院に新生NICU(新生児集中治療室)が誕生してからこれまで、新生児医療専従の医師はおりませんでした。平成29年4月より新生児内科として新生児専門医の立石が着任し、より重症な新生児を診療することが可能となるように準備を進めております。内科疾患であれば大抵のものは診療可能ですので、新生児でお困りのことがあればいつでもご相談・ご紹介下さい。現時点では新生児低体温療法や一酸化窒素吸入療法、体外循環(血液透析や膜型人工肺)といった特殊な治療や、出生体重1000g未満の赤ちゃんの診療は出来ませんが、将来的には順次出来ることを増やしていく予定です。
普通のお産で出生された新生児のケアも新生児専門医がきちんとバックアップしますし、万が一お子さんに問題が生じた場合でも迅速かつ適切に対応いたしますので、より安心してお産を迎えて頂けるようになります。
 外来は主にNICUを退院されたお子さんの発育・発達に関するフォローアップを行っておりますが、南部病院NICUに入院したお子さんに限らず、他院からの紹介状があれば診療いたします。また、育児全般についても心配なことがあればご相談下さい。その際はかかりつけ医院の先生からで結構ですので、「育児相談希望」として立石外来宛てに紹介状を頂ければ、初診時保険外併用療養費の5000円をご負担頂かずに拝見することが出来ます。

スタッフ紹介

医師名 職位 専門分野 専門医資格等
田中 文子 副診療部長
主任部長
小児疾患全般
血液疾患
腫瘍性疾患
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本小児血液・がん学会認定
小児血液・がん暫定指導医
小児緩和ケア教育プログラム(CLIC)終了認定
医学博士
立石 格 主任部長 小児科疾患全般
新生児疾患全般
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本小児科学会代議員
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
日本新生児成育医学会評議員
JADP認定上級心理カウンセラー
鈴木 徹臣 部長 小児疾患全般
血液疾患
腫瘍性疾患
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医
PALSプロバイダー
小児緩和ケア教育プログラム(CLIC)終了認定
医学博士
齋藤 千穂 副部長 小児疾患全般
アレルギー疾患
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
山口 和子 副部長 小児疾患全般
循環器疾患
日本小児科学会小児科専門医・指導医
PALSプロバイダー
永嶋 早織 医長 小児疾患全般
アレルギー疾患
日本小児科学会小児科専門医
PALSプロバイダー
日本アレルギー学会専門医
杉山 弘樹 医員 小児疾患全般 日本小児科学会小児科専門医
中澤 枝里子 医員 小児疾患全般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
大砂 光正 医員 小児疾患全般 NCPRプロバイダー
太田 陽 医員 小児疾患全般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
冨樫 勇人 医員 小児疾患全般  
髙尾 知穂 医員 小児疾患全般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
ICLSインストラクター
山下 舞子 医員 小児疾患全般  
大津 真優 非常勤 神経疾患 日本小児科学会小児科専門医
日本小児神経学会小児神経専門医
医学博士
住田 裕子 非常勤 夜尿症・腎疾患 日本小児科学会小児科専門医
山崎 扶佐江 非常勤 アレルギー疾患 日本小児科学会小児科専門医
日本アレルギー学会専門医
町田 裕之 非常勤 腎疾患 日本小児科学会小児科専門医
医学博士
藤原 祐 非常勤 神経疾患 日本小児科学会小児科専門医

対象疾患

当科外来は明らかな外傷を除く小児期の全ての病気の診療窓口です。病気の種類としては日常的に頻度の高い感染症、肺炎、気管支炎、気管支喘息、胃腸炎、けいれんなどが中心で、その他に川崎病、尿路感染症、食物アレルギー、各種血液・腫瘍性疾患の患者さんも数多く診療し、病気の重症度によって外来治療か入院治療かを判断しています。また当院産科で出生した、あるいは産科クリニックから救急搬送された病的新生児の治療を行っています(新生児内科参照)。
 外来治療・入院治療にかかわらず治癒・軽快後はご紹介いただいたクリニックに逆紹介することを基本としていますが、継続的に専門的治療や生活指導が必要な疾患に対しては、それぞれ循環器、神経、腎・夜尿、アレルギー、血液の各専門外来での通院治療を行っています。専門外来は原則として一般外来から、または退院時の予約受診となります。
 当科の特色のひとつは小児血液疾患の診療であり、2名の血液専門医により貧血、血小板減少症、好中球減少症などの治療・管理を行っています。当科は日本小児がん研究グループ(JCCG)、同血液分科会(日本小児白血病リンパ腫研究グループ:JPLSG)および東京小児がん研究グループ(TCCSG)の認定施設となっており、3床の無菌治療室を用いて小児白血病・悪性リンパ腫に対するわが国の最先端の治療研究を常時行っています。平成27年4月には横浜市小児がん連携病院のひとつに指定され、今後さらに小児がんの早期診断・早期治療に力を入れていきます。
 最近増加している子どもの心身症や心の問題、発達の問題のご相談にも、一般外来を窓口として対応しています。必要に応じて専門病院の小児精神神経科や市の療育センターなどと連携して診療にあたります。また虐待への対応についても行政や児童相談所と連携・協力して行っています。
 更に重症心身障害児(者)の診療、レスパイト(介護されるご家族への支援)も積極的に受け入れています。
新生児内科では早産低出生体重児、新生児疾患全般、NICU退院児の発達フォロー、在宅治療を要する児のケアなどを診療しています。

診療実績

平成28年度の診療実績概要

外来延べ受診患者数は28,757人で、そのうち新患者数が7,233人、紹介患者数は1,726人、救急受診患者数は7,525人でした。新入院患者総数は1,715人(うち時間外入院患者数が613人)、平均在院日数は4.9日でした。
 入院疾患の内訳は、肺炎、気管支炎、気管支喘息/喘息性気管支炎、クレープ症候群などの呼吸器系疾患が427人(24.9%)を占め最多でした。この割合は例年通りですが、平成27年は秋口に気管支喘息発作で入院する児が多く、全入院疾患の1/3を占めていたのと比較すると減少しています。その他では、新生児疾患365人(うちNICUにて治療を行ったものが198人)、神経系疾患143人(8.4%)、臓器を特定できない全身感染症(細菌・ウイルス)98人(5.7%)、川崎病82人(4.8%)、腎・泌尿器系疾患52人(3.0%)、消化器系疾患34人(2.0%)などで、腫瘍性疾患の新患は2人でした。また、食物アレルギーの患者さんに対する経口食物負荷試験を292件行いました。
 平成15年度以降、37人の小児血液悪性腫瘍の患児の治療を行い、平成29年1月末時点の5年全生存率は86.8%、5年無病生存率は76.5%でした。

診療実績(人) 平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
外来延患者数 27,584 25,587 26,468 29,113 28,757
外来新患者数 7,469 6,766 6,383 7,780 7,233
紹介患者数 1,423 1,431 1,562 1,837 1,726
日当直帯救急患者数 7,040 6,117 5,965 7,898 7,525
救急車受け入れ件数 1,104 1,118 1,177 1,216 1,489
うち日当直帯 895 909 970 977 1,208
入院延患者数 8,743 8,827 8,653 9,620 10,206
新入院患者数 1,384 1,508 1,462 1,580 1,715
うち時間外新入院患者数 482 579 524 570 613
平均在院日数(日) 5.3 4.9 4.9 5.1 4.9
おもな疾患の
入院治療実績(人)
平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
川崎病 80 66 89 69 82
IgA血管炎 13 13 11 10 21
化膿性髄膜炎 0 0 0 2 0
腸重積症(含整復術) 14 10 11 10 7
血小板減少性紫斑病 5 9 9 8 11
好中球減少症 2 0 6 5 3
溶血性貧血・先天性貧血 1 0 0 1 1
腫瘍性疾患(新患) 6 2 3 2 2
新生児呼吸管理 10 2 3 5 6

以下は平成28年度NICUの診療実績です。人工呼吸管理や極低出生体重児については今後さらに実績を積み上げていく所存です。

総入院数と院内・院外出生の別と低出生体重を主訴に入院した児の内訳(単位:人)

総入院数 198
院内出生(母体搬送)※1 176(6)
新生児搬送 10
バックトランスファー 12
高次医療機関へ転院 6
低出生体重児※2  
1500g未満 3
1500g以上2000g未満 18

2000g以上2500g未満

20

疾患別症例数(単位:人)

呼吸窮迫症候群※3 7
一過性多呼吸※3 39
胎便吸引症候群 8
肺炎 7
気胸 7
無呼吸※4 5
黄疸 48
低血糖※3 14
仮死※5 11
感染症(新生児肺炎を除く)※6 8
ダウン症候群 3
不整脈 1
うつ熱 2
低体温 1

*1:院内出生176人中6人が母体搬送後に出生
*2:入院時主訴が低出生体重でない症例を除く
*3:低出生体重児と重複あり
*4:未熟児無呼吸発作は含まない
*5:低出生体重児の低アプガールは含まない
*6:感染巣不明を含む

呼吸管理症例数(単位:人)

人工呼吸 6
n-CPAP 8
診療科・部門

診療時間

初 診:8:30~11:00紹介状が必要です
再 診:8:30~11:30
※診療科によって時間が異なります。

休診日:第2・4・5土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

〒234-0054 横浜市港南区港南台3-2-10JR京浜東北線(根岸線)港南台駅下車、
横浜方面へ徒歩3分。

交通案内
JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

JR根岸線「港南台駅」より徒歩3分

大きな地図で見る
交通案内の詳細へ
地域医療連携
かかりつけ医をお持ちください
登録施設一覧

ページの先頭へ戻る